家のレイアウト

ベッドサイズの種類を解説!!

グランパパ

グランパパです。ベッドサイズの種類と用途をまとめていきます。

ベッドはその大きさによって呼び方が異なります。

また、小さなベッドであっても組み合わせによっては大きなサイズのベッドになります。

今回は、ベッドのサイズによる呼び方の違いとベッドの組み合わせなどについてまとめていきます。

ベッドサイズの種類

ベッドはサイズごとに種類が分かれています。ベッドの大きさごとに用途をまとめましたのでご参照ください。

①セミシングルベッド

『ベッド』のサイズの種類と考慮すべき項目!!

「セミシングルベッド」は、通常のシングルよりもさらに横幅の狭い一人用ベッドです。小柄な女性や子供用に適したサイズで、コンパクトに設置できるためワンルームにもおすすめのベッドになります。2台並べてクイーン~キングサイズのベッドのような使い方もできます。

  • 幅80cmを2こ並べる ⇨ 160cm「クイーン」
  • 幅90cmを2こ並べる ⇨ 180cm「キング」

②シングルベッド

『ベッド』のサイズの種類と考慮すべき項目!!

「シングルベッド」は、最も一般的なサイズの一人用ベッドで、デザインや種類も豊富に揃っています。特に大柄な方でなければ成人男性でも窮屈さを感じることなく寝ることができます。

ビジネスホテルの1人用の宿泊で使用される基本的なベッドです。

③セミダブルベッド

『ベッド』のサイズの種類と考慮すべき項目!!

「セミダブルベッド」は、名前にダブルと付いていますが、基本的には一人用ベッドです。一人で使用する場合には、大人がゆったりと寝られるサイズなので、寝相の悪い方でも快適に眠れます。セミダブルベッドを2人用として購入してしまうと、かなり窮屈になってしまうので注意が必要です。

セミダブルベッドを2人で使用すると、120cm÷2=60cmで、一人分のスペースが60cmしかないことになってしまいます。

④ダブルベッド

『ベッド』のサイズの種類と考慮すべき項目!!

「ダブルベッド」は大人二人でも寝ることは可能ですが、体が大きい人同士だと狭く感じることもあります。一人で使用する場合には、かなりゆったり寝ることができるので、部屋のスペースに余裕があるときには検討するのもいいかもしれません。

ダブルベッドを2人で使用すると、140cm÷2=70cmで、一人分のスペースが70cmしかなく、ダブルベッドと言えどもすごく大きいわけでなないことが分かります。

⑤クイーンベッド

『ベッド』のサイズの種類と考慮すべき項目!!

「クイーンベッド」は、空きスペースにも余裕を感じられる二人用のベッドです。夫婦の寝室、子供との添い寝用などにも使いやすいサイズですが、8畳以上のスペースがないとベッド回りに家具を置けず、ベッドだけの部屋という感じになってしまいます。

クイーンベッドは、セミシングル(80cm)を2つ並べることでも作ることができます。

  • 幅80cmを2こ並べる ⇨ 160cm「クイーン」

⑥キングベッド

『ベッド』のサイズの種類と考慮すべき項目!!

「キングベッド」は、夫婦と子供一人で寝られるサイズで、大きさ的にもかなり存在感があります。一緒に寝ている人が寝返りをうってもあまり気にならないので、リラックスして眠りたいという人におススメです。ただし、かなり大きなサイズのため購入前には搬入経路を確保できるか確認が必要です。

キングベッドは、セミシングル(90cm)を2つ並べることでも作ることができます。

  • 幅90cmを2こ並べる ⇨ 180cm「キング」

⑦ショートベッド

『ベッド』のサイズの種類と考慮すべき項目!!

「ショートベッド」は、通常のベッドよりも長さが約15cm短いベッドです。他のベッドに比べて場所をとらないので、6畳のお部屋でも空きスペースが確保できます。身長160cm未満なら短いと感じることなく使えて、お子様用としても使い勝手の良いサイズです。

⑧ロングベッド

『ベッド』のサイズの種類と考慮すべき項目!!

「ロングベッド」は、普通のベッドでは足がはみ出そうになる長身の方のために作られたベッドです。一般的なベッドより全長が約12cm長いので、180cm以上の方でも足を伸ばして眠ることができます。

ベッドサイズの種類|まとめ

今回説明したベッドの種類を表にまとめました。

ベッドの種類サイズ
セミシングル80~90cm×195cm
シングル100cm×195cm
セミダブル120cm×195cm
ダブル140cm×195cm
クイーン160cm×195cm
キング180cm×195cm
ショート全長180cm
ロング全長207cm

部屋への搬入が困難なため大きなサイズのベッドが購入できない場合でも、小さなベッドを組み合わせることにより大きなサイズのベッドにすることも可能です。

ご自身の用途に合わせた大きさのベッドを選びましょう(*^^*)

\国内最大級のベッド通販専門店/

⇩⇩⇩『ネルコンシェルジュ』⇩⇩⇩

https://ichijo.kuwashira.com/bed-family/