土地探し・物件探し

『○○㎡ ・ ○○坪・○○畳』の関係式と変換早見表

グランパパ

こんにちは、グランパパです。

家づくりを進めると『○○㎡ ・ ○○坪・○○畳』などの建物や土地の広さの単位をよく見るようになります。

そして、それと同時に「㎡から坪」「坪から㎡」「坪から畳」といったぐあいに単位の変換をする機会も増えてきます。

このようなときにスムーズに計算を行うことができると、広さの把握をするのにとても便利です。

今回は、「家づくりにおける広さの考え方や計算方法」についてご紹介します。

この記事で理解したいこと!!
  • 家づくりで使用される広さの単位
  • 「㎡・坪・畳」の変換方法

「○○㎡」「○○坪」「○○畳」の3つの単位は、土地探しや物件探しをしているときに必ず見かける広さの単位です。

この広さの単位を理解していると、広さを把握するのにとても便利なのですが、不動産会社のスタッフでもない限り普段から使うことなんてありません。

ただ、これから家づくりをしようとされている方にとっては、この広さの知識を理解しておくことはとても大切なことでもあり、もはや必須項目とも言えます。

この3つの単位の関係性は、それほど難しいものではないので、「㎡・坪・畳」がどのような関係にあるかしっかり把握すておきましょう。

『○○㎡ ・ ○○坪・○○畳』の関係性と変換早見表

『○○㎡ ・ ○○坪・○○畳』の関係式

土地や建物の広さを表す「㎡・坪・畳」の3つの単位には、下のような関係式が成り立ちます。

1坪 ≒ 3.3㎡ ≒ 2畳

この「㎡・坪・畳」の3つの単位で一番なじみ深い単位は「畳」なので、1畳の広さで1坪の広さを表してみようと思います。

1畳の広さは、おおよそ90cm×180cmの大きさになります。

『○○㎡ ・ ○○坪・○○畳』の関係性と変換早見表

1坪の広さを、畳を並べて考えるとすると「1坪 ≒ 3.3㎡ ≒ 2畳」なので、下の図のようになります。

このとき、180cm×180cmを計算すると、3.3㎡の値が計算されます。

『○○㎡ ・ ○○坪・○○畳』の関係性と変換早見表

180cm×180cm=32,400㎠≒3.3㎡

ちなみに、上の図では分かりやすいように2枚の畳をきれいに並べてありますが、どのような形であったとしても畳2枚分の広さであれば1坪の広さになります。

『○○㎡ ・ ○○坪・○○畳』の関係性と変換早見表

広さの単位の変換を行うときには、この関係式を知っていれば土地や建物の広さの情報を確認しやすくなります。

ただ、毎回計算をするのは結構めんどくさいです。

早見表を作成しましたのでご活用ください。

『○○㎡ ・ ○○坪・○○畳』の関係性と変換早見表

変換早見表①:「畳」を「坪・㎡」に変換

よく使われる畳数を「坪・㎡」に変換してあります。

間取りの設計をするときに、居室やリビングごとの坪数を確認するときにご使用していただければと思います。

○○畳○○坪○○㎡
0.51.7
13.3
426.6
4.52.37.4
639.9
7.53.310.7
8413.2
10516.5
12619.8
14723.1
16826.4
18929.7
201033.0
221136.3
241239.6

『○○㎡ ・ ○○坪・○○畳』の関係性と変換早見表

変換早見表②:「坪」を「㎡・畳」に変換

よく使われる坪数を「㎡・畳」に変換してあります。

坪数で表示されているものには、土地の広さや建物の建坪などがありますのが、それらを別の単位で把握したいときにご使用していただければと思います。

○○坪○○㎡○○畳
103320
206640
309960
35115.570
4013280
45148.590
50165100
55181.5110
60198120
65214.5130
70231140
75247.5150
80264160
90297180
100330200

『○○㎡ ・ ○○坪・○○畳』の関係性と変換早見表

変換早見表③:「㎡」を「坪・畳」に変換

㎡を「坪・畳」に変換してあります。

㎡の単位は、土地の広さやマンションの広さの表示で使用されることがあります。

それらを別の単位で把握したいときにご使用していただければと思います。

○○㎡○○坪○○畳
5015.230.3
10030.360.6
15045.590.9
20060.6121.2
25075.8151.5
25075.8151.5
30090.9181.8
350106.1212.1
400121.2242.4
450136.7272.7
500151.5303.0

『○○㎡ ・ ○○坪・○○畳』の関係性と変換早見表

『○○㎡ ・ ○○坪・○○畳』の関係式:まとめ

土地探しや間取りの設計をしていると、「㎡・坪・畳」の3つの単位の変換を行うことが多いです。

だからこそ、この3つの単位の関係性を理解しておくことはとても大切になります。

『1坪 ≒ 3.3㎡ ≒ 2畳』の関係式をしっかり覚えておきましょう。

『○○㎡ ・ ○○坪・○○畳』の関係性と変換早見表

これから家づくりを始める方へ

家づくりをするにあたって、何も知識のないところから進めていくのは本当に大変です。

特に、皆さんしてしまうのは、いきなり住宅展示場に足を運んでしまうこと・・・。

どのハウスメーカーを見学しても、よく見えるし、説明を受けても意味がわからないし、結局、大量のパンフレットと大きな疲労感を得るだけです。

そうならないために、まずはインターネットの力を存分に利用しましょう!!

最近では、家づくりに関するとても便利なサイトが増えてきました。

その中でもおススメなのが「タウンライフ家づくり」です(*^^*)

『○○㎡ ・ ○○坪・○○畳』の関係性と変換早見表

「タウンライフ家づくり」では、国家基準をクリアした有料注文住宅会社 600社の中から、その人にあった『オリジナルの間取りプラン』を作ってくれます。

『○○㎡ ・ ○○坪・○○畳』の関係性と変換早見表

もちろん、費用はかからず無料でしてもらえるから安心です。

自分の気に入った家を建てるには、多くの情報を知り、気に入った間取りを作ることが大切です。

ハウスメーカーの展示場に足を運ばなくても、プランを作ってもらえる「タウンライフ家づくり」

これから家づくりをされる方も、間取りで迷っている方も、興味がある方は利用してみてください。

『○○㎡ ・ ○○坪・○○畳』の関係性と変換早見表