内装(グランセゾン)

【グランセゾン内装】『スリットウォール』と『スリットルーバー』の特徴を解説!!

こんにちは、グランパパです。

グランセゾンにおいて、スリットからの採光によって部屋の雰囲気づくりをするアイテムに「スリットウォール」と「スリットルーバー」があります。

今回は、この2つの仕様設備について特徴をまとめていきます。

この記事はこんな方におススメ!!
  • 「一条工務店」で家づくりをされている方
  • 「スリットウォール」について知りたい方
  • 「スリットルーバー」について知りたい方
【グランセゾン内装】『スリットウォール』と『スリットルーバー』の特徴を解説!!

『スリットウォール』と『スリットルーバー』の特徴を解説

グランセゾンにおいて、部屋の雰囲気づくりをするアイテムに「スリットウォール」と「スリットルーバー」というものがあります。

この2つのアイテムは、部屋の内装のアクセントになります。

【グランセゾン内装】『スリットウォール』と『スリットルーバー』の特徴を解説!!

スリットウォール

スリットウォールは、室内の壁に取り付けるスリット状の窓で、すっきりとした印象を演出してくれるデザインです。

隣室の明かりを取り入れることができるので、家族の気配をほどよく感じることができます。

スリットウォールは3連を1セットで設置するので、下の画像のような外観になります。

【グランセゾン内装】『スリットウォール』と『スリットルーバー』の特徴を解説!!

サイズ・オプション費用

スリットウォールは3連1セットでの採用になり、オプション費用も3連1セットでの金額になります。

表のサイズはスリット1つ分のサイズになります。

オプション費用
3連1セット40,000円
サイズ
外寸幅121㎜×高さ2,165㎜
枠見付寸法21㎜
枠幅163㎜
ガラス面幅60㎜×高さ2,105㎜

ガラスの種類

スリットウォールに使われるガラスは、合わせガラス6.8㎜厚で、「透明」「かすみ」の2種類から選択することができます。

個人的には「かすみ」の方が好みです。

カラーバリエーション

色は「ホワイト」「ライト」「グレー」「ダーク」の4色から選ぶことができます。

【グランセゾン内装】『スリットウォール』と『スリットルーバー』の特徴を解説!!

4色あるので、部屋の雰囲気に合わせて計画を立てることができそうです。

【グランセゾン内装】『スリットウォール』と『スリットルーバー』の特徴を解説!!

スリットルーバー

スリットルーバーは、床から天井まで縦格子を通すことで、自然光や照明、空調を妨げることなく自然に視線を遮ることができるようにしたものです。

【グランセゾン内装】『スリットウォール』と『スリットルーバー』の特徴を解説!!

サイズ・オプション費用

サイズは、幅2尺(約60cm)と幅3尺(約90cm)の2つのタイプが用意されています。

横幅オプション費用
2尺タイプ約60cm55,000円
3尺タイプ約90cm70,000円

カラーバリエーション

色は、「ホワイト」「ライト」「グレー」「ダーク」の4色が用意されていますが、選択している建具と同じカラーでのコーディネートになります。

【グランセゾン内装】『スリットウォール』と『スリットルーバー』の特徴を解説!!

スリットルーバー単体での色の選択ができないのは残念です。

【グランセゾン内装】『スリットウォール』と『スリットルーバー』の特徴を解説!!

『スリットウォール』と『スリットルーバー』の特徴を解説:まとめ

スリットウォールとスリットルーバーは、見た目が似ていますが少し役割が異なります。

スリットウォールは、壁にスリット状のガラス窓を取り付けることで、隣部屋からの明かりをほのかに取り込むことができるようになっています。

それに比べて、スリットルーバーでは壁のない部分に延長してスリット状の格子を設置することで、明かりや空気の流れを遮ることなく、視線だけを遮るものになっています。

つまり、スリットウォールは隣室との繋がりをつくるために採用するものであり、スリットルーバーは隣室との繋がりを遮るために採用するものという役割があります。

スリットウォール、スリットルーバー共に、採用することで部屋の雰囲気は良くなることは間違いありませんので、それぞれの特徴を踏まえた上で採用される場合には検討されてください。

スリットウォールとスリットルーバーの特徴の概要

スリットウォールスリットルーバー
画像画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 15dd923d0cb6de73c09fe32ad64227af.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 30a083edf33a41cae7d46264440cad1f.png
設置壁面天井から床
サイズ3連1セット幅60cm・幅90cm
カラーホワイト・ライト・グレー・ダークホワイト・ライト・グレー・ダーク
オプション費用40,000円55,000円・70,000円

スリットウォールとスリットルーバーのデメリット

スリットウォールとスリットルーバーを設置することで室内はおしゃれな雰囲気になりますが、設置によるデメリット部分もあります。

それは、掃除をこまめにしておかないとすぐにホコリが溜まってしまうということです。

どちらもスリット状になっているので、それだけホコリが溜まりやすくなっています。

掃除をあまりされないご家庭では採用に不向きかもしれません(^^;)

【グランセゾン内装】『スリットウォール』と『スリットルーバー』の特徴を解説!!