地震対策

『免震・制震・耐震』地震対策の3つの工法

グランパパ

こんにちは、グランパパです。

家づくりにとって重要な地震対策には、地震に対してしっかりした知識を持つことが大切です。

今回は、「地震対策の3つの工法」についてまとめていきます。

この記事で分かること!!
  • 地震対策の3つの工法
  • 免震工法の特徴
  • 制震工法の特徴
  • 耐震工法の特徴

地震対策には、しっかりした備えがとても大切です。日頃からきちんと準備をしておきましょう!!

防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】

『免震・制震・耐震』地震対策の3つの工法

地震対策の3つの工法

家の耐震性能を上げ、耐震等級を取得するために、家づくりをしているハウスメーカーでは多くの技術を用いています。

その中で、よく耳にするのが「免震・制震・耐震」の3つの工法です。

この3つの工法は、ハウスメーカーごとで取り入れているものが異なり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

また、ハウスメーカーによっては取り扱っていない工法もあるので、家を建てる前に確認しておくことが大切です。

免震

免震工法:地震の揺れを受け流す

『免震・制震・耐震』地震対策の3つの工法
引用:THK

「免震工法」で建てた家は、地震が起きたときの揺れを「受け流す」ことで、地震から家を守ります。

建物は、地面に基礎という部分を作り、その上に乗っている形で存在しますが、免震工法では免震装置を建物と基礎との間に設置します。

それにより、地震が起きて地面が揺れたとしても、建物に揺れが伝わらないようにしています。

  • 他の工法に比べて、とにかく揺れない

免震装置がどのくらい地震の揺れを抑えるのかを一条工務店の工場見学で体験したことがありますが、驚くべきすごさでした。

震度6の揺れでもダイニングテーブルに置かれたお皿やグラスは落下することもなく、椅子に座ったままで何事もなく過ごすことができました。

  • 多額の費用がかかる
  • 性能がいつまで続くか分からない
  • 台風で大きく揺れる

免震工法は、制震工法や耐震工法に比べ、費用が多くかかります。

あるハウスメーカーでは、免震工法を取り入れるのに1坪あたり15万円ほどの追加費用がかかる価格設定になっていて、仮に、40坪の家を建てるとすると免震装置だけで600万円もかかってしまいます。

また、免震工法では建物と基礎の間に免震装置が設置してあるため、免震装置に何か異常があっても確認することが難しいです。

もしも、大きな地震に一度耐えたとしても、そのときに免震装置が損傷している場合には、二度目の地震が起きたときには耐えられない可能性がでてきます。

ミサワホーム主催のセミナーで講師の方が言われていたのは、免震装置は台風で大きく揺れてしまうということでした。

そのため、九州など台風が多いが地域には適さないみたいです。

制震

制震工法:地震の揺れを吸収する

『免震・制震・耐震』地震対策の3つの工法
引用:THK

「制震工法」で建てた家は、地震が起きたときの揺れを「吸収する」ことで地震から家を守ります。

制震工法では、建物の内部(壁の中など)に、おもりや制震ダンパーなどを組み込み、地震の揺れを吸収することができるようになっています。

  • 耐震工法よりも揺れに強い
  • 免震工法よりもコストが安い
  • 地震後のメンテナンスがほとんど不要

制振装置を建物の内部に組み込むことによって地震の揺れを吸収するので、何もしない耐震工法よりも揺れに強いことになります。

ただ、大手ハウスメーカーの耐震工法の家においては、ローコストメーカーの制震工法の家よりも地震の揺れに強い場合もあるので一概に言い切れません。

制震工法では制振装置の個数で費用が変化しますが、免震工法よりも費用はかかりません。

  • 耐震工法よりもコストがかかる
  • 制振装置ごとで効果が異なる

制振装置を設置するので、その分の費用は耐震工法よりもかかることになります。

また、制振装置を製作しているメーカーは数多くありますが、すべて性能が同じというわけではなく、地震がきてみないと分からない部分があります。

耐震

耐震工法:地震の揺れに耐える

『免震・制震・耐震』地震対策の3つの工法
引用:THK

「耐震工法」で建てた家は、地震が起きたときの揺れに「耐える」ことで地震から家を守ります。

耐震工法は、現在、多くの住宅で使われている工法で、建物の構造材を増やして、地震がきても簡単に家が倒壊しないようにつくられています。

ただ、地震の揺れに耐えることを目的としているので、揺れは直接建物に伝わってしまいます。

  • 特殊な装置を用いないので費用がかからない

耐震工法は、地震の揺れに対して建物の強さで耐えることを想定しています。

そのため、特殊な装置を用いるわけでもなく、免震工法や制振工法に比べて費用がかかりません。

  • 地震の揺れが直接建物に伝わる
  • 建物の上部ほど激しく揺れる
  • 家具の転倒などによる二次被害のリスクがある

耐震工法では、免震工法や制震工法のように特殊な装置を用いないので、地震の揺れが直接建物に伝わることになります。

そのため、揺れが激しく家の中にある家具などが転倒する確率も高くなります。

地震対策の3つの工法:まとめ

免震・制震・耐震の特徴を表にまとめました。

免震制震耐震
揺れに対して受け流す吸収耐える
方法免震材ダンパー・ゴム耐震壁の強化
コスト約500万円約100万円グレードによる
家具転倒リスク低い高い高い

免震工法が地震に対して優れているように思えますが、コストの高さが非常に気になり、予算に余裕がないと採用することが不可能そうです。

そうなると、制震・耐震のどちらかが現実的です。

表では、耐震のコストにおいて”グレードによる”となっていますが、これはハウスメーカーごとで家づくりの材料などが異なることによる耐震性能の違いによるものです。

耐震性能には、工法だけではなく、他にも様々な要素が関わってきます。

ハウスメーカーごとでどのような家づくりをしているかを確認し、比較していくことが大切です。

今回、画像を引用させていただいた「THK免震ウェブサイト」さんでは、地震が起きたときの免震・制震・耐震の揺れ方の違いをアニメーションで説明しています。

THK免震ウェブサイト

『免震・制震・耐震』地震対策の3つの工法

地震対策には、しっかりした備えがとても大切です。日頃からきちんと準備をしておきましょう!!

防災グッズなら楽天1位獲得の【ディフェンドフューチャー】

『免震・制震・耐震』地震対策の3つの工法